第10回『京都私学振興会賞』受賞者(敬称略)

小野山利雄賞

荒巻 禎一
前京都府知事・京都文化財団理事長

授賞理由

荒巻禎一先生は、今から約50年前の昭和38年に京都府教育委員会に赴任され、その後総務部長・副知事・知事として一貫して京都府下の教育の発展に多大の貢献を尽くされました。

平成17年、京都私学振興会賞の創設に際しては、初年度から審査委員長に就任され、10年間に亘って多くの優秀な受賞候補者の審査に当って来られ、京都私学振興会賞が創設10周年を迎えることができた最大の功労者です。

主な経歴
1963年京都府教育委員会事務局管理課長
1965年自治省行政局公務員課長補佐
1971年自治省官房調査官、同年京都府総務部長
1974年国土庁長官官房参事官
1975年国土庁地方振興局総務課長
1978年京都府副知事
1986年京都府知事 (~2002年4月)
2003年京都文化博物館館長 (現職)
2005年京都私学振興会賞審査委員長 (現職)
2008年京都府公立大学法人理事長 (現職)
このページの先頭へ